「オフィスボレロ」に込めた想い

屋号:Office Boléro


フランスの作曲家モーリス・ラヴェルのボレロより。


様々な楽器によるメロディラインをクライアント様になぞらえ

曲全体を通してのクレッシェンド、徐々に盛り上がっていく様子は

クライアント様の発展を表す。


変わらず刻み続けるスネアドラム*は、

裏方作業を安定して行うパーソナルアシスタントの存在そのものをあらわしている。


それぞれのクライアント様がそれぞれのステージで活躍していく姿を

変わらぬフォローで支え続ける、そんな存在でありたいという想いを込めて・・・



(*スネアドラム・・・俗に言う小太鼓のこと)